沿革

会社沿革

昭和14年(1939) 藤倉航空工業株式会社 創業
昭和15年(1940) 落下傘の大量生産開始
昭和20年(1945) 藤産業株式会社と商号変更
民需品の生産に転換
昭和27年(1952) 行橋に落下傘整備工場開設
昭和30年(1955) 空挺用落下傘(55式)・行橋工場閉鎖
昭和31年(1956) 落下傘を本格的に生産再開
昭和34年(1959) 藤倉航装株式会社と商号変更
昭和35年(1960) 耐水服・耐寒服・60式空挺用落下傘
昭和43年(1968) 米アービン社との技術提携(現エアボーンシステム)
昭和53年(1978) 社屋の改装
平成2年(1990) 船引工場操業
平成4年(1992) 船引工場第2期工事完了
平成5年(1993) 倉庫棟工事完了
平成7年(1995) 風洞試験棟工事完了
平成11年(1999) 創立60周年
エアズール社との技術提携
平成12年(2000) ISO 9001認証取得
平成21年(2009) 創立70周年
平成22年(2010) エアテック社との技術提携
平成22年(2010) はやぶさ帰還(弊社製パラシュート使用)
平成25年(2013) 超薄膜高高度気球の到達高度が世界新記録樹立
平成26年(2014) 13式空挺傘納入